沿革・概要 活動報告 基礎知識 県内神社紹介 交通案内 リンク 神職専用

05082_gaikan1.jpg
神社名 :大中神社
鎮座地
〒311-0505
常陸太田市大中町1706
宮司名 :朝日光臣
電話番号 :0294-82-3053
E-mail :oonakajinjya@gmail.com
URL https://www.facebook.com/oonakajinjya
アクセス
常陸太田駅から自動車で国道349号線を福島方面へ約25km(約25分)。里美中学校前の信号を左斜めに入り約1km。左手あるに大中郵便局の次の左折。一之鳥居をくぐり、突き当りが大中神社です。
【御祭神】 大己貴命(大国主命)少彦名命
【御神徳】 縁結び、夫婦和合、家内安全
【御由緒】

大同二年十一月十五日創建。後、八幡太郎源義家公奥羽追討の時、
舘籠地(たてこもりち)字小森に「大宮大明神」を建立し、戦勝を祈願したと云う。その後、佐竹公の崇敬厚く館の台に奉祠した。応永元年炎上。その後、正長元年 滝沢山に遷座した。その後、水戸藩主徳川光圀公の命により元禄十三年三月、字宿西(現在地)に曳社し、里川村・徳田村・小妻村・小中村・大中村・折橋村・小菅村・大菅村・黒坂村の以上旧九ヶ村の総社となした。
 明治六年四月一日、旧大中村々社に列格「大宮大明神」を「大中神社」と改称した。同四十年四月一日、第一七八号供進指定。
 昭和二十七年六月十二日、宗教法人設立し現在に至る。

【祭礼】

8 月17日  境内社 厳島神社、水の神に感謝、池払い
9 月1日   嵐除祭 (風祭り)大嵐の無災害を祈る
11月15日 例大祭 秋の稔に感謝する
※神輿・山車の御神幸は5年毎

【文化財等】 大中神社 本殿(総欅枡組) 常陸太田市指定建造物・文化財
大中神社 御神木(杉、樹齢500年) 常陸太田市指定天然記念物

ホーム沿革・概要活動報告基礎知識県内神社紹介交通案内リンク神職専用


Copyright (C) Ibarakiken-Jinjacho
茨城県神社庁 〒319-0316 茨城県水戸市三湯1108-300 TEL029-257-0111 FAX029-257-0112